【西日本豪雨】小野寺防衛相 豪雨対応で即応予備自衛官に招集命令

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011529051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

防衛相 豪雨対応で即応予備自衛官に招集命令
2018年7月11日 21時36分豪雨 生活・支援

小野寺防衛大臣は今回の豪雨に関連して、自衛隊の活動の長期化が見込まれることから、即応予備自衛官に招集命令を行ったことを明らかにしました。

小野寺防衛大臣は午後6時ごろ、防衛省で記者団に対し、「自衛隊の活動の長期化が見込まれることから、自衛隊OBの即応予備自衛官に招集命令を行った。即応予備自衛官の招集は、東日本大震災熊本地震以来、3回目で、当面、およそ300人が広島の自衛隊の駐屯地を中心に、被災者の生活支援活動に従事してもらう。引き続き、人命救助活動を行いつつ、被災者に寄り添ったきめこまやかな生活支援活動を全力で行っていきたい」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/K10011529051_1807112158_1807112159_01_02.jpg